上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IOVのフォーラムにVH1 Rock Honorsの映像と音源があります。
映像はまだ見てないんですが、音源はすごくクリアです。

youtubeには全然映像が出てこないんですよねぇ。
Pearl Jamはあったんですけど、私は今回の出演者全員好きなので、番組全部見たいんですけど・・・
特にリップスが見たいなぁ。

【更新】
映像見ました。
Kilが2曲ともキーボードでしたね。
全員楽しそうなんですが、Joseが満面の笑みで一番楽しそうだったのが印象的でした。
あと、Mikeのギターソロ炸裂です。

スポンサーサイト
IOVによりますと、Joseに女の子の赤ちゃんが生まれたそうです。

"More details coming soon!"とあるので、誕生日とか名前とかも分かるんでしょうか?
娘さん、パパっ子になるでしょうねぇ・・・!!

【更新(8/27)】
Joseの娘さんの名前は、Frankie Roseちゃんだそうです。
Mikeがインタビューで明かしてました。
VH1のオフィシャル・サイトでパフォーマンス映像が公開されているんですが、残念ながらUS以外の地域からは視聴できません。
番組はもう放送されたので、そのうちyoutubeにたくさん投稿されるのを待ちたいと思います。
なので、写真を探しました。→gettyimages

2668792172_edd9d5206a.jpg

2668291755_e5dca35ea4.jpg

2678473496_8113fb8b80.jpg

Brandon_vh1.jpg 81918347.jpg

81918341.jpg

81918225.jpg

81917660.jpg

81917666.jpg

81922273.jpg
2008.07.17 VH1 Auction
i-3.jpg
incubusがサインしたVH1 Rock Honorsのカスタム・メイド・ギターがオークションに出品されました。
もうオークションはスタートしていて、7月25日16時(東海岸時間)に締め切られます。
VH1 Auction

これって、出演者全員がオークションに出品してるってこと?
全員のサインが入ってるギターもあるの?
と思って検索しました。→こちら
色もデザインもロゴも全部一緒なので写真見ると若干華やかさに欠ける気もしますが、リップスのWayneのサインがかわいすぎなので、個人的にはこの写真見れただけで満足です。
だいたいサイン書く場所も一人だけおかしいし。
素敵すぎる40代。

i-23.jpg
Pearl Jam

i-20.jpg
The Flaming Lips

i-1.jpg
Foo Fighters

i-12.jpg
出演者。
どれが誰のサインなのか全く分からん。
無題

VH1 Rock Honorsのincubusパフォーマンス映像とレッド・カーペットのBrandonのインタビュー映像です。

I can see for miles
インタビュー映像

2665280921_508a6aecda.jpg

以前お伝えしましたThe Whoのトリビュート番組の収録が12日にLAでありました。
今のところyoutubeにはThe Who, Pearl Jam, The Flaming Lipsの映像(もちろんオーディエンス・ショット)がありますが、incubusはまだありませんね。
そのうち出てきそうですが。
放送は17日なので、youtubeに期待。
こちらがセットリスト。

David Duchovny (introduction)
Foo Fighters – “Bargain”
Foo Fighters w Gaz Coombes – “Young Man Blues”
Rainn Wilson (introducing the Flaming Lips) The Flaming Lips – Medley from “Tommy”
Mila Kunis (introducting Incubus)
Incubus – “I can see for miles”
Incubus – “I can’t explain”
Tenacious D – “Squeeze Box"
Sean Penn (introducing Pearl Jam)
Pearl Jam – “Love Reign O’er Me”
Pearl Jam – “The Real Me”
Adam Sandler (introducing The Who)
The Who – “Baba O’Reilly”
The Who – “The Seeker”
The Who – “Who Are You”
The Who – “Behind Blue Eyes”
The Who – “Two Thousand Years”
The Who – “You Better You Bet”
The Who – “My Generation”
The Who – “Won’t Get Fooled Again”
The Who – “Tea and Theater

っていうか、SupergrassのGazがFoo Fightersと共演してるのにびっくりです。
だってアメリカじゃ全国区の知名度はないでしょ、Supergrass?
映像見たい!
Daveは昔からインタビューでSupergrassが好きと公言してましたし、Supergrassのベスト盤DVDにもFoo Fightersのメンバーがチラッと映ってましたもんね。
そんな仲がいいとは知りませんでしたが。
それにしてもSean Pennまで出てくるとは意外です。
まぁSeanとEddieが仲良しなのは有名ですが。

Rennieによりますと、Dave Grohlの喉の調子が悪くてキャンセル寸前だったそうで、incubusは1曲多く演奏したそうです。
急遽追加でカバーできるもんなの?と思ったけど、何曲か候補があってリハーサル済みなんでしょう。
もしかしてGazはDaveとボーカルをシェアしたんですかね?
ただギターで参加したんだと思ってたんですが。

写真はVH1 Rock Honorsの時のもので、Flickrより。
2008.07.12 BrandonとThe Who
Billboard.comに、The Whoのトリビュート番組"VH1 Rock Honors"に出演するBrandon、Wayne Coyne、Jeff Amentのコメントがありました。→billboard.com

Brandon曰く、
「彼らのライブは見たことないんだ。The Whoに目覚めたのは結構遅くて、20代の初めごろかな。そのきっかけは『さらば青春の光』だったんだけど、The Whoが関係してるって知らなかった。だけど、美学やモッズに対するロッカーの神話を学んだんだ。ヴェスパが欲しかったのも、この映画の影響なんだよ。いまでもヴェスパに乗ってるしね。
シンガーとしての自分にとってRoger Daltreyは・・・、正直に言うと、たくさんのトリックは彼から頂いたんだ。どうすればマイクからコードが引き抜かれないのかっていうようなね。すっごいいい気分なのにマイクがどっか飛んでいっちゃうことほど最悪なことはないから。トラウマだよ。」

もうちょっと音楽的にどんな影響を受けたのかとか、深い質問して欲しかったけど、『さらば青春の光』からThe Whoに入っていったっていうのは、なるほどねぇって感じです。
私もそのクチですから。
白い壁見るためにDover行きましたもん。

あと、The Flaming Lipsがこの番組用にリハーサルしている映像を発見しました。
このビデオを撮ったGeorge Salisburyは、リップスの"Christmas on Mars"の監督です。
この映画も公開されるのずっと待ってるんですけどねぇ。

The Flaming Lips Rehearsing from Irreversibility on Vimeo.
l_94bf2ef24e1b2dc949d28bc899e385e3.jpg

incubus, MYF, MikeのMyspaceからメールが来てました。
ビデオ・コンテストについてのメールで、以前紹介したものと全く一緒なので割愛しちゃいますが、フレンド登録してる人に一斉にメール出したの?
Myspaceで自分のフレンド全員に一斉メール出したことないから分からないんですけど、メールも登録者に一斉送信できるんですか?

MikeのMyspaceの写真がEnd.>vacuum仕様になってますね。
無題

Mikeが11日午前9時(PDT)にKROQに出演します。
Podcastもあるので、もしかしたらMikeのインタビューも聞けるかもしれませんね。
KROQでincubusは人気があるから、聞けるんじゃないですかね、たぶん。

http://www.kroq.com/


MikeのEnd. >vacuumインタビュー第二弾です。
Joseの妹もクラリネットでオーケストラに参加するんですね。
あと、もしかしたらOdysseyも演奏するかもしれないそうです。

昨日こちらで記事にしましたビデオ・コンテストが開催されます。
優勝者にはMikeのオーケストラ公演のチケットが2枚贈られ、公演後のレセプションへも参加できます。
対象者はUS国内のみならず、約40の国に参加資格があり、日本も含まれています。

応募方法: www.youtube.com/group/endvacuumに、なぜ自分がMikeのオーケストラ公演のチケットを獲得するにふさわしいのかを説明したビデオを投稿し、 以下の項目を記入して、contest@endvacuum.comへメールを送信する。
 
1.氏名
2.現住所
3.電話番号
4.有効パスポートのPDFを添付
5.US国外居住者はメールのsubject欄に国名を記入
6.ビデオへのリンク

必要事項の記入漏れがあった場合は対象外、また1つ以上の応募は禁止となっており、期限は2008年7月15日(太平洋時間)までです。
余計な情報は不要だとわざわざ書いてあるので、意気込みとか書いたら失格ってことですかね?
そのほかの注意事項としまして、宿泊・会場への移動は自分で、8月15日までに渡航に必要な書類を準備する、行けないのに応募するのはダメ、チケットは当日に会場で手渡されるので写真つきIDを持参すること、などがあります。
詳しくはこちら(英語です)。

Mikeがビデオを見て選ぶらしいんですが、日本人にはハードル高いですよねぇ。
英語で熱意を語れって言われても難しいって。
英語が母国語の人たちと競うんですもん。
Mikeのオーケストラ公演の詳細がendvacuum.comで発表されました。
presaleは7月22日から25日、一般発売は8月1日となります。
演奏する楽団は、プロの交響楽団の人やMikeの友達などから編成されており、Mikeが"the graviton modern ensemble"と名づけたそうです。
Mike自身も色々な楽器を演奏するそうなんですが、Mikeの弟・Ben Einziger、友達のBlake Millsも参加します。
指揮はSuzie Katayamaです。
また特別ゲストとして、高名なイギリスの物理学者・Dr. Brian Coxがハドロン粒子加速器について講義してくれるそうなんですが、オーケストラに全然関係なくね??
この講義もプログラムの一部だということですけど、交響曲はトータルで40分ほどらしいので、それじゃ短いから講義をプラスしたんでしょうか?
Dr. Coxの講義は冒頭に20分予定されてるんですが、20分で終わる?
ちなみにDr. CoxはDany Boyle監督作品『サンシャイン2057』に科学コンサルタントとして参加してました。

これらの交響曲はIgor Stravinsky, George Crumb, Samuel Barber, Krzysztof Penderecki, Frank Zappaなどの作曲家にインスパイアされたそうです。
あとMikeはハーバードに合格して、この秋から通うとのことで、WeezerのRiversみたいに学生寮に住んだりしちゃう?
いや、しないだろうな。
音楽の他に、物理学、宇宙論、進化生物学も勉強したいらしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。