上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cr.jpg
Costa Rica到着時のBrandon

Costa Ricaでバンドのお世話した人?がIOVに書き込んでくれてました。
MikeとBrandonと一緒にビーチに行ったとか、Brandonは彼に教えてもらったスペイン語のフレーズをライブで披露したといった小ネタを紹介してくれてて、さらにBrandon直筆のセットリスト下書き写真もアップしてくれてます。
もうしばらくしたらまた色々書き込んでくれるとのことでした。
あと、「俺スペイン語ベラベラだぜ~!だってチカーノだもん!」みたいなことを昔Joseが言ってましたけど、だったらJoseがBrandonにスペイン語教えてあげればよかったのに(笑)
(実際Joseのスペイン語はメチャクチャらしいですけど・笑)

setlist:

Quicksand
A Kiss To Send Us Off
Wish You Were Here
Nice To Know You
Anna Molly
Vitamin
Favorite Things
Circles
Drive
Are You In
Pistola
The Warmth
A Crow Left Of The Murder

The Warmth
Megalomaniac

costarica.jpg
Brandon直筆のセットリスト下書き
フェスということで実際のセットリストは、この下書きとは違ってます。
スポンサーサイト
venezuela.jpg

アンコールにA Crow Left Of The Murderを演ってるんですが、Mike曰くACLOTMが手首の問題を引き起こしたんだそうです。
それをやるってことはもう完治したってことでしょうか?
でも手根管症候群って完治するものなの?
ギタリストにとっては職業病みたいなもんだから、常に隣合わせなんじゃないんですかね?
で、チャベス大統領は来たのかい?

Setlist:

Quicksand
A Kiss To Send Us Off
Wish You Were Here
Nice To Know You
Anna Molly
Stellar
Circles
Vitamin
Punch Drunk
Drive
Dig
Pistola
The Warmth
Sick Sad Little World
Megalomaniac

Are You In
A Crow Left Of The Murder

写真はFlickrより。
starbulletin.comにハワイ公演のレビューが掲載されたので、一部抜粋を訳しました。
訳してない部分はオープニング・アクトのところです。

躍動感溢れるMegalomaniacからライブを開始すると私は予想していた。しかし、incubusは観客の目を覚まさせる必要はなかった。Light Grenadesからの最初の2曲である、憂鬱でアンビエントなQuicksandとA Kiss to Send Us Offで幕を開け、Morning ViewとA Crow Left of the Murderからの曲は、この夜同等に扱われた。

3曲目のNice to Know Youまでに、スリムな体から声を絞り出しているにもかかわらずBrandon Boydのボーカルを掻き消すほどの大合唱にコンサートは変わった。携帯電話のカメラを持った前列にいる女の子達は、Boydが上半身裸になるまで服を脱ぎ捨てていくのを喜んだ。

瑞々しいWish You Were Hereから攻撃的なAnna Mollyへとバンドの緩急つけたペースは止まることなく進んでいく。8曲目のDriveが始まる直前、Boydは観客へ長々と話しかけ、彼らがホノルルで最後にライブしてから11年経っていることを思い出させた。本当に長い年月である。

残念ながら、彼らのパンクでファンクな荒々しいルーツは滑らかに磨かれてしまったが、曲ごとに正確に奏でられる今夜の音は絶対的に力強い音だった。特に注目すべきはタイトなリズムを送り出すドラマーのJose Pasillasとベース・プレイヤーのBen Kenneyである。

ギターに取り付かれていない5人組のロックバンドは珍しい。しかしincubusはとても民主的なようだ。DJのChris KilmoreやギタリストのMichael Einzigerも含めてメンバーそれぞれが、過剰なソロを主張することなく同等の地位を共有している。

宇宙人もしくは1970年代のプログレッシブ・ロッカーとコミュニケートしているようにも聞こえるEinzigerの素晴らしいスタジオ・ワークはライブ構成上、溶け込んでしまう傾向にあった。静寂した時に際立つ彼の演奏は、荒々しいリズム・セクションやKilmoreのメロトロン、ターンテーブルで埋もれてしまう。Kilmoreの機材ではなく、人間から出てくる音楽がもっと聴けたら素晴らしいだろう。

Boydは時にパーカッションを手にし、またフィードバックを多用したPistolaを演奏時はギターを持ち、そのままTalk Shows on Muteへなだれこむ。Boydは一つ、そしてまた一つスポットライトを手にし、歌が終わる前に頭上から、昔の懐中電灯を顎下から照らすトリックの正反対にKenneyとEinzigerを上から照らす。観客が熱狂するMegalonamiacで最高潮の中、ライブは終わった。

バンドはアンコールでステージに戻りStellarを演奏し、Aqueous TransmissionではEinzigerが胡弓を奏でた。

スピーカーからJourneyのDon't Stop Believingが鳴り響くと、観客は早々といなくなった。さっきまで聞いていた曲と比べると平凡に聞こえる。まさに気分が害されるとはこのことだ。



好意的なレビューだし、特にMikeは評価されてますね。
オープニング・アクトはTimmy Curranだと以前お伝えしたんですが、Silversun Pickupsだったそうです。
なんでTimmyじゃなくなったんでしょうね?
彼の日本のレーベルも、incubusのオープニング・アクトに抜擢のニュースは更新してあるんですが、キャンセルのニュースは未だにないですねぇ。

2350547974_3eaf5c8bf3.jpg
ちなみにワイキキの会場はこんなところです。
星空の下でAqueous Transmissionって最高。
いいな。
2351217139_a025154828.jpg

今のところ、セットリストや詳細が全然出てきてなくて、Flickrにあるこの写真しか見つけることが出来ませんでした。
そのうちたくさん出てくるでしょうけど。

ハワイ公演のオープニング・アクトはTimmy Curranなんですが、彼のオフィシャル・サイトでは、Word of Mouthの全曲が無料でダウンロード出来ます。
ちなみにTimmy Curranの一番好きな曲はBen HarperのWaiting on an Angelだそうです。
2341810031_12f8c8b063.jpg

マレーシアのSunburst Music Festivalには、incubusのほかにThe Roots, John LegendなどBenと親交のあるミュージシャンも出演してました。
写真はFlickrより。

セットリスト(IOVより。曲順は違ってるかもしれないそうです。)
A Kiss To send Us Off
Nice to Know You
Anna Molly
Vitamin
Favorite Things
The Warmth
Sick Sad Little World
Pistola
Drive
Wish You Were Here
Are You In
Megalomaniac

Stellar
Circles
Aqueous Transmission

お客さんがBenの誕生日を祝って歌ったら、Benは嬉しそうにひざまずいてお客さんにお礼したそうです。
あと、KilはDriveで若干フライング気味で演奏し始めて、Joseが笑っていたとのことなんですが、Red RocksのDVDでJoseに「タイミング気をつけろよ!」って言ってませんでしたっけ、Kil(笑)?

ちなみにBenはThe Rootsのライブを袖で見ていて、ライブの終盤には前の方に出て来て写真を撮っていたそうです。
その写真をMyspaceとかで見れるようにして欲しいなぁ。
2328826075_f5b19946e8.jpg
Brandonの帽子かわいい

Benが北京滞在中に激しい胃痛に襲われた為、北京公演に続き上海公演でもBenは演奏しませんでした。
北京の病院に2日間ほど入院していたそうです。
最初、何が原因なのか断定できなかったし、そこの病院は適切な検査機器を備えてなかったこともあり、米国大使館の力を借りてBenは他の病院へ移動し、そこで受けた検査で、特に心配することはないと診断され、クアラルンプールでのライブは復帰できるそうです。
Benの体調が悪かったので、北京公演はアコースティック・ショウとなりました。
小さな会場で、アコースティック・ショウなんて最高ですね。
MikeとBrandonだけが演奏したんですが、Aqueous TransmissionとStellerにはJoseとKilも参加しています。
相当レアなライブですよね、羨ましい・・・

Wish You Were Here
Nice to Know You
Anna Molly
The Warmth
Drive
Paper Shoes
Talk Shows on Mute
Pardon Me
Love Hurts
Mexico
Earth To Bella
I Miss You
Redefine
Aqueous Transmission

ENCORE:
Battlestar scralatchtica
Stellar

ライブ出来ないくらいだから相当具合悪いんでしょうね、Ben。
IOVでは、誕生日パーティーで飲みすぎたんじゃないの?という冗談が出てます(笑)
実際のところ、胃痛らしいです。

北京公演の映像です。






音源!音源ないの!?
欲しい~!!
メルボルンのショウで入り待ちをしたファンが、IOVで報告してます。

メンバーが車から出てきた時Brandonに写真とかをお願いしたら、「ちょっと待ってて。すぐに戻ってくるから」と言って一旦は会場の中に入ったけど、数分後に本当にBrandonが出て来て、ファンの写真やサインなどに応えていたそうです。
私だったら「本当に戻ってくるの?私の英語通じてた?つーか、戻ってくるって言ってたのって私の聴き間違い?」とBrandonが出てくるまでの数分間に、自分の英語力に対して疑心暗鬼になって、ドキドキハラハラしてると思います。

Brandonboydaustralia.jpg

Benも煙草を吸うために外に出てきたんですが、スタッフと話していてファンからは離れた所にいたようです。
ファンが、一緒に写真を撮って欲しいと声を掛けたら、「写真嫌なんだけど」と言われたそうです。
Benはファンに対してちょっと冷たいという報告が幾度かされてるみたいですけど、その日の気分とかじゃないんですかね?
ナイスガイというイメージが浸透してると、ちょっとでも機嫌が悪い時とかに会ったら「意外に嫌な奴じゃん」みたいな感想を持たれるので、損と言えば損かもしれないですね。
逆にOasisのLiamみたいに暴れん坊なイメージの人が、道端に落ちてたゴミを拾ったりしてたら好感度アップですもんね。
あと、「Benは喫煙者なの!?」と驚いてたファンがいましたが、Benが煙草吸ってる写真ありますよね。

l_c0990e1d3c02aa18815a2f4743ff36b7.jpg

私はそこより、「オーストラリアのライブハウスも禁煙なの!? 外じゃなきゃ吸えないの!?」とオーストラリアの喫煙環境が気になりましたが。

【setlist】
Quicksand
AKTSUO
WYWH
Anna Molly
Vitamin
NTKY
Pistola
Talk Shows On Mute
The Warmth
Drive
SSLW
Circles
Oil and Water
Megalomaniac

stellar
ACLOTM
Aqueous Transmission
timmycurran.jpg

ハワイ公演のオープニング・アクトはTimmy Curranだそうです。
羨ましい!!
ホノルルとマウイの会場がどんなところか知りませんけど、これ以上ないくらい完璧なシチュエーションじゃないですか?!
青い海から吹いてくる潮の香りと満天の星空の下で、Timmy Curranを聴いた後にincubusなんて贅沢・・・
いや、会場が屋外かどうかも知らないんですけど。
一緒にサーフィンして遊ぶんでしょうねぇ。
1141482488_l.jpg

3月7日のシンガポール公演のオープニング・アクトは、SAOSINだそうです。
彼らもSoundwaveに出演しているようですが、アジア・ツアーのオープニング・アクトというわけではなく、シンガポール公演のみとなります。

【追記】
昨日、Soundwaveのライブ・レポをまとめると書いたんですが、然して取り上げるようなネタもありませんでした。
時間の関係でセットリスト・シートにはあるのに演奏してない曲があったとか、あとSoundwave自体に対するコメントが多かったですね。
入場してもタイムテーブル貰えないからプリントアウトして持っていった方がいいとか、クラウドサーフやモッシュが酷くてSoundwaveのForumは不満の書き込みがたくさんあるそうです。
まぁでも、あのラインナップでしょ?
クラウドサーフやモッシュがすごいのは想像に難くないですよね。
Downloadフェス的な、すごくタフなフェスというイメージがします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。